HOME

What's New(新着情報)

便利なキャッシングカード

多くの方は、キャッシングカードの1枚・2枚は持っているだろう。

お金が足りない時にカード1枚で決済出来、現金を払わずとも”物”が買える便利なキャッシングカード。

今から十数年前のいわゆる「バブル」と言われていた時代では、「カード」は一つのステータスだった。
キャッシング会社は、CMで人気タレントを起用したり、収入のない専業主婦でも夫の収入があればキャッシングカードを発行し顧客を増やしていった。

しかし、バブル崩壊に伴い”実入り”より”出費”が増えるにつれ「多重債務者」が増えるようになってきたことにより2009年3月には「貸金業法」が改正され、今まで不明確だった金利の見直しが行われ、”過払い返還”等の「多重債務者」の救済が行われるようになった。

一方で、悪質な取り立てや高い金利を設定していたキャッシング会社は一気に経営破綻に追い込まれた。

ここで少し冷静に考えたいのが・・・。
この一連の流れは、単にキャッシング会社や個人消費者が悪いのだろうか?

バブル崩壊の原因、つまり景気を後退させたのは”政府の政策”が原因でした。
また、「貸金業法」の改正も”政府”が行ったものです。

つまり、私たちの生活は”政府”のさじ加減でいくらでも変わってしまうということです。

今でこそ、各キャッシング会社はCMで「ご利用は計画的に・・・。」と宣伝しておりますが
今に始まったことではなく、日ごろから”収支”と”出費”を考えて計画的にお金を使わなければ
私たちの生活は、いつまでたっても豊かになりません。

HOME